マイ・ブラッディ・ギャレンタイン

「わたしだけの王冠」「荊棘を抜けてお茶をしながら生きていく」をテーマにエンパワーメントなカルチャーや愛するファッションのこと。心や体、家族や友人のことについて書いていきます。

It's payback time

先日完成したばかりの自作のZINE「伏魔殿」 委託販売先のお店PARK GALLERYさんが、素敵なレビューを書いてくださいました。 なぜ伏魔殿というタイトルにしたのか、私は説明が苦手なのでうまく書けなかったのですが、まさに言いたかったことを汲み取って下っ…

詩「極光」

「極光」 緑道と温室の外側で 爆発とともに古びた皮膚が 価値観が 生まれ変わった 光源は怒り その条件は 夜があること 闇を持つこと 本当の名前を取り戻したものだけに 見えるプリズム ミニチュアの椅子しか買えなくても 尊厳の複数で呼ぶ 我ら 爪を切るだ…

詩「Smoke」

「Smoke」 マッチを擦れば匂いは消える なんでも日記を書いて正そうとする この身は かた時も忘れさせてくれない 私を解放してくれよ でも生きた 生き抜いた 一生青いドレス一枚で生きていく 誓いを破り捨ててしまった ジャケットをすり抜ける風が ささやか…

詩 「サニタリーボックス」

突然だけど今日はブログではなく、詩を公開します。以前tumblerで公開してたけど、今日からはこちらでちょっとずつ未公開の詩も載せようと思います。 歌詞と詩の間のようなルールなしの自由な詩を書いています。 ところどころおかしくても気にしないでもらえ…

遅咲きの本棚

小さい頃から私の暮らしたどの家にも、本棚は無かった。 ありふれた子供だったなら眠る前、親が寝かしつけるために本を読んでもらえただろうか。 祖父母や親戚から図書券や本の贈り物があるかもしれないし、宿題の音読カードの親のサインを偽造しなくていい…

ZINE完成!

作ろうと決めてから4年もかかっちゃったけど、詩とエッセイをまとめたZINEが完成しました。 セルフヘルプ解毒と価値観のアプデが必要な人に届いたら嬉しいですが、ZINEを作ることで自分自身を癒せた気がします。 古い価値観のアプデを怠り、人を人と思わない…

死神と呼ばれて

セルフポートレート新作は「死神」をテーマにしました。 10歳で4度目の転校をした私は、転入先の学校で転校初日に「死神」というあだ名をつけられた。 死神と呼ばれていた実体験をモチーフに制作しました。 私は13日生まれなんですが、偶然にもタロットカー…

Cash Rules Everything Around Me

詩人エミリーディキンソンは 「私の魂は私のものだ」 (映画「静かなる情熱」より) と言い放ち、時に花の香りや孤独や死を携えながら、同調圧力に抗い、自宅から出ずに詩を書きまくった孤高の引きこもりDIVAである。 私は大好きなDIVAに倣って、家の中で静か…

ファン修行と自分推し

ファン爆誕! 推し、担当、ご贔屓…。 入っていけないような、ずっと憧れていた不思議な好きの一体感。 中学生ぐらいの頃、クラスの女の子たちはアイドルのファンクラブに入っていて、いつも推しの話で盛り上がっていた。 私はその輪にいつも入れなかった。 …

GALENTINE'S DAY

明日、2月13日はギャレンタインデー! 昨年もブログに書きましたが、念のためおさらい。 ギャレンタインデーとは GAL+VALENTINE=GALENTINE バレンタインに対するカウンター的な意味を持つ、シスターフッドを祝う女の子の為の新しいイベント。 アメリカの人…

「FEMININITY 0YEN」

私はもうすぐ25ansキック(漫画ハッピーマニア参照)が出せる歳になるので、今年は新しい試みを始めてみました。 以前からちまちま書いていた散文詩を元に、いつか曲をつける事を妄想しながら、架空のミニアルバム(歌詞のZINE)を制作しています。 その中から一…

華麗なる逆襲

父親からの虐待やモラハラ元彼のことなど、過去から立ち上がりはじめたこの1年のこと。 秋に書いたものを「かがみよかがみ」というサイトに応募してみた。 クリスマスイヴの今日、エッセイが掲載された。 エッセイについて書き始める前に、かがみよかがみに…

魔女の肖像

子供の頃、空想の中で彼女たちは私の親友だった。 自分を励ますための魔法を教えてくれたのは魔女だった。 大好きな魔女を挙げたらきりがない。 ウィキッドのエルファバ、サブリナ、ハリーポッターのハーマイオニー、アダムスファミリーのグラニーアダムス、…

「MY SAFETY PIN CROWN」

8月。私はセルフポートレートの作品作りに取り掛かった。 始まりは今年の誕生日。 自分へのプレゼントに購入したティアラと青薔薇の刺繍のネクタイを身につけて、自分を祝うためだけにセルフポートレートを撮ったことがきっかけだった。 というのも17歳から…

装いという鎧を着て

私はかなりの服オタクかもしれない。 90年代にヒステリックグラマーで働いていた母の影響で洋服が大好きになり、小さい頃からお金も時間もほとんど洋服につぎ込んできた。 一時は洋服は仕事でもあった。 古着屋でアルバイトしたり、ハンドメイドのアクセサリ…

Make Tea Not War

お茶を飲むのは 貴族みたいな気分になれるから大好き。 家でもお店でもお茶にお金を使う。 喫茶店やカフェ代はケチりたくない。 でも気づくと1日に5軒の喫茶店をハシゴしてしまっていたことも…。 さらに毎月5〜6種類のお茶を買い込むのでお茶貧乏になりそう…

スージーの魔法とサムの魔法

今年の春に松田青子さんの「読めよ、さらば憂いなし」を読んだ。 本や映画の世界への旅先案内的な内容で、励まされるものだったり、自分に必要そうな作品がたくさんあり、メモがいっぱいになってしまった。 「ラーメンと愛国」という本については「ポエムに…

幸福はただ私の食卓の中だけに

食べることってなんて楽しいのでしょう。 とは言っても食べ過ぎには注意。 私は中学の時、過食症だった。 当時は食べることはあまり好きではなかったのだけど、過食と嘔吐をストレスやイラつきのはけ口にしていた。 高校生になり、忙しくなって気がまぎれる…

ヒーローとクリプトナイト

スーパーマンにはクリプトナイト、つまり弱点がある。 私のクリプトナイトはスーパーマンとは違うかもしれないけれど私のこれまでの人生の陰の部分すべてが私にとってのクリプトナイトだ。 そのひとつひとつに後悔はないけど苦しかったし今もまだ影響が残っ…

HSP

私はHSPという気質を持っている。 私の生きづらさはなんだろう? 実は発達障害なのかな?と思っていたのだけど。 まったく別のものだった。 HSPとは人よりもすごく敏感な気質でどの社会にも15〜20%の割合でHSPがいるらしい。 病気や障害ではなく後天的なもの…

魔女はここにいる

最近Netflixデビューをして以前から気になっていた「サブリナ」を観始めた。 小さい頃大好きだったドラマのリブート版。世界観は以前と真逆のダークファンタジー。 サブリナは魔女と人間のハーフの女子高生。 悪魔との契約、女性蔑視な戒律、魔女狩りやリリ…

或るパーティの夜

昨夜はラブピで広報のお仕事をしている友人にご招待頂き、女性向けラブトーイのwomanizer 新作「DUO」の発表パーティへ。 主催はLOVE PIEACE CLUB(ラブピ)さんです。 ラブピは日本初の女性だけで運営するセックスグッズストア。女性がポジティブに主体的に性…

わたしの名前は

(この写真は誕生日にもらった青い薔薇) わたしの名前はRIKAKOです。 私は今年の誕生日に 自分にRIKA GALENTINE ROSE という名前をつけました。 私の誕生日はギャレンタインデーです。 ギャレンタインデーは ギャル+バレンタイン。 アメリカのシットコム発の…