マイ・ブラッディ・ギャレンタイン

「わたしだけの王冠」「荊棘を抜けてお茶をしながら生きていく」をテーマにエンパワーメントなカルチャーや愛するファッションのこと。心や体、家族や友人のことについて書いていきます。

It's payback time

先日完成したばかりの自作のZINE「伏魔殿」

委託販売先のお店PARK GALLERYさんが、素敵なレビューを書いてくださいました。

なぜ伏魔殿というタイトルにしたのか、私は説明が苦手なのでうまく書けなかったのですが、まさに言いたかったことを汲み取って下っていて感激しました。。

https://note.com/park_diary/n/n05e4ed58d71b  

 

その中で書いたエッセイ「死神と呼ばれて」で、10歳の時転入した小学校で死神というあだ名をつけられ、担任やクラスメイトから分かりづらいいじめを受けていたこと、教育の機会や場は全ての人に必要であるが、それは決して当たり前ではない。ということについて書いた。

コロナウイルス流行の影響で全国的に、学校が休校になり、国が親に家庭で学習指導を押し付けたり、学費が無駄になったり、大学の学費が値上がりしたり…。

教育格差が広がっていくのを目の当たりにして、私はより強い思いを抱いた。

 

「失った教育の機会を取り戻したい」ということ。

このことを友人、知人には知らない人も多いので、もしこれを読んだらびっくりしてしまうかも。

まだ以前はこの事実が恥ずかしかくて、変な目で見られるかもと怖かったから…。

でも、恥ずかしいと思うこと、思われることが、人を追い詰めるし孤立させるって気づいた。

私の好きなミュージシャンのカネコアヤノさんは、以前曲の中で「恥ずかしいはかっこいい」と歌っていた。

そのフレーズを聴いたとき、私はそうかも、そうしたいなと思った。

高校にもう一度行くのは、学びたい気持ちだけではなく、自分の中の恥ずかしいをかっこいいにするためでもある。

 

自殺未遂、家庭の経済的な事情や持病の悪化で、私は高校3年生の時に学校を辞めた。

あの時は選択肢が他に無くてそうするしかなかった。

すぐに高卒認定試験を受けようと思いながらも、日々暮らしていくのがやっとで、とうとう高卒認定試験は受けることはできずに気づいたら20代も半ばまできた。

その代わりに色んな仕事をやってきた。

スーパー、飲食店、販売員、バーやスナックでの仕事、ハンドメイドのヘッドドレスづくりの自営業から、古着と雑貨を扱う古物商も。

仕事を通して、色んな事情を生きる人を見てきた。それは何にも変え難い経験で、高校を辞めたことに後悔はない。

 

けれど、私が手放さざるを得なかったものに対して痛みは残っている。

心的外傷のサンドバッグにはなりたくないし、感じてきた痛み、タダでは済まさん!と思う。

私は自分を傷つけるのも、ヘラヘラ傷つけられるのもやめた代わりに、自分の中で必ず何かに昇華するようにしてきた。

何より前に進むためにできることは、全てやるつもり。だからこそ、今自分には教育の機会を得るための、場所や時間が必要だと思った。

 

ドラマ「セックスエデュケーション」のメイヴや「アンブレイカブルキミーシュミット」のキミーも同じ気持ちだったのかな〜なんて、思いを馳せながらどちらも3周目ぐらいだけど観なおしている。

 

私は来年26になるけれど、この秋から通信制の高校へ入学する。

長いセルフ解毒の日々をなんとか生き抜いて、私は次に進むことにした。

自分を取り巻く過去や傷、生きづらい事情や持病を抱えている家族。

なくならないあらゆる差別や偏見、助けや理解が必要な人間を限界まで孤立に追い込む、マジョリティのアプデされない価値観や認識。

どれだけ努力をしてもはみ出してしまう、社会に馴染めない人への理解や尊重しあうことが全然足りない国で生きること。

当事者の目線を持っている人間が、連帯や支援をしていくにはどうすればいいのか毎日ずっと考えている。

どんな形でかはまだわからないけれど最終的には、そういうことができるような仕事をしたいと思っている。

 

私が高校を卒業する頃には年齢が30近くになる。でももう絶対他人の物差しで私をはからせないし、人はいくつになろうと何度でもやり直せるはず。そういう社会であるべきだ。

 

ジョージエリオットも「なりたい自分になるのに遅すぎることはない」という言葉を残している。

私はこの言葉を、高校の編入試験の作文に書いた。

 

こういう大人もいま〜す、心配せずに自分のペースで、自分名義に生きておくれ〜というサンプルの一つぐらいになれればいいなと。

 

今度通う学校はもちろん公立なので、そこまで学費はかからないところも助かる。

さらに託児所があったり、ネット環境が整っていたりするし、通信制なので成人以上の年齢のかたも多そうで、色んな事情の人を受け入れる姿勢や環境に安心できる。

部活に入ってみようかなとか、今からかなりワクワクしている。

 

自粛要請期間が過ぎても身体はほとんどどこにも出かけてないはずなのに、私はずっと旅をしている気分だ。

自分を取り戻し、癒す私の旅。次の目的は失ったものを取り戻すこと。

実家も田舎もないし、私を縛る人ももういない。自分にかけてしまった呪いも解いた。

ずっと転校生のままの私の魂は、どこへだって行ける。それを忘れないでいたい。

詩「極光」

「極光」

 


緑道と温室の外側で

爆発とともに古びた皮膚が 価値観が

生まれ変わった


光源は怒り

その条件は

夜があること 闇を持つこと

 

本当の名前を取り戻したものだけに

見えるプリズム

 

ミニチュアの椅子しか買えなくても

尊厳の複数で呼ぶ 我ら

 

爪を切るだけで

軽くなってしまう足取り

 

壊されては直す ほつれては繕う

代わりがないから

手作りで生き延びてる

 

緑道と温室の外側で

狼煙をあげる感情は

蓋もリボンもかけられない

毎日生まれる 

 

夜を裂くには

闇をだきしめること

 

変わり続けることができる私たちだけに

見えるプリズム

 

安物しか買えなくても

尊厳の複数で呼ぶ 我ら

 

 

 

極光はオーロラのこと。

5年前から私のアクセサリーのウェブショップ名として使っている名前でもあります。

オーロラという言葉は夜の闇を払う暁の女神の名が語源だそうです。

私にとって作ることはずっと、闇を払うように自分を癒すことでした。

詩「Smoke」

「Smoke」


マッチを擦れば匂いは消える

なんでも日記を書いて正そうとする


この身は

かた時も忘れさせてくれない

私を解放してくれよ


でも生きた 生き抜いた


一生青いドレス一枚で生きていく

誓いを破り捨ててしまった


ジャケットをすり抜ける風が

ささやかだけど自信をくれた


火種が落ちれば思いと決別

なんにでも代わりを立てようとする


いのちがけで花を買う

延命の手段は選ばない


ただ日々を

死なないためだけの日々よ

ただ消費されるだけの日々よ


一生に一度の誓いに

身を捧げてしまわないように


私を自由にしておくれ

 

 

 

 

詩 「サニタリーボックス」

突然だけど今日はブログではなく、詩を公開します。以前tumblerで公開してたけど、今日からはこちらでちょっとずつ未公開の詩も載せようと思います。

歌詞と詩の間のようなルールなしの自由な詩を書いています。

ところどころおかしくても気にしないでもらえたら嬉しいです。

 

「サニタリーボックス」

私が少しずつ減っていく

いつも痛みをともなって


怒らせないように細心の注意を

怒りたいのはこっちなのに


頭の中ですぐに荷造りができる

そんな日々はもう生きない


毛は剃らないでいい

いざとなれば

うぶげを逆立てられるように


鎧は厚い方がいい

この肉の一片残らず

この血の最後の一滴も


あなたに向かう

あなたに歯向かう


紅茶を啜りながら

無知の言い訳 呆然としたまま聞かされてる

殴られても笑ってた 情けないね


優位に立ったつもりか

あなたは 森を見て木を見ない

あなたには見えない


失った私たちを取り戻す日を

終わらせないように

人間扱いされる日を

あるべき日を見続けるだけ

あなたは殺しそびれた私だ


汚物なんかじゃないのに

見えない袋に仕舞われる

見慣れた光景

それが私を蝕むけれど


私たちは変わり続ける

失った分だけ

この肉の一片残らず

この血の最後の一滴まで


いないことにされる日々に

食い込んでいくから

あなたは私を見ずにはいられない

 

チクッとしますよすこしだけ

刺されるのは私だ

あなたに何がわかる

 

紅茶を啜りながら

罪の言い訳 聞かされてる

ぞんざいにされても

まだ笑ってた 情けないね

 

馬鹿は高いところに登りたがる

何でも見えてるつもりで

森も木もあなたには見えない

 

期待は常に裏切るためにある

私たちを失ったのはあなた

 

人間扱いされる日を

あるべき日を見続けるだけ

 

私が少しずつ減っていく

いつも怒りをともなって

あなたは殺されなかった私だ

 

遅咲きの本棚

小さい頃から私の暮らしたどの家にも、本棚は無かった。

ありふれた子供だったなら眠る前、親が寝かしつけるために本を読んでもらえただろうか。

祖父母や親戚から図書券や本の贈り物があるかもしれないし、宿題の音読カードの親のサインを偽造しなくていいし、読書中の子供に対して親が侮辱するようなことをきっと言わないだろう。

ありふれた子供だったなら、いつでも帰れる実家にいつまでも自分の部屋が残っていて、そこには本棚があるのかもしれない。

 

母は「本なんか読んでるの〜?いいからこれやって(家事とか)」とよく言ってきた。

元同棲相手は自分は本を読んでこれが面白かったとか話すくせに、私が何か読んでいる時は露骨に嫌がっては馬鹿にした態度だった。

 

私が自分たちよりなにかを知るようになるのが、怖かったのかもしれない。

 

外出自粛要請が出ていた期間中に流行ったブックカバーチャレンジを見て、同年代の子達が自分の思ってた以上に本を買っていることを知り驚いた。

‪もちろん好きな作家さんの本は出来る限り買いたいけど‬、‪経済的にすごく余裕があるわけではないから読みたい本すべては買えない。

そうなると頼りは図書館だけ。コロナ対策で長い期間の休館がかなりつらかった。

 

ヴァージニアウルフは「女性が小説を書こうと思うなら、お金と自分ひとりの部屋を持たねばならない」と書いていたけれど

小説を書くだけでなく、読むためにも同じことが言えると思う。

自分だけの部屋も必要だけど、自分だけの本棚も必要だったのかもしれない。少なくとも私には。

 

現に私はつい最近まで自分で気軽には本を買えなかったし、まともに一冊読むこともできなかった。

私が本を読める環境と安全な場所を手に入れたのはここ2、3年で、本を買えるのも読めるのも決して当たり前のことではなかった。

頭も身体も拘束されているような環境に加えて、過去の心的外傷による頭の中の散らかりや雑音とも付き合っていかなければならず、文字なんか頭に入らなかった。

本を読むには精神的、経済的に余裕があって邪魔の入らない安全な場所を確保できなければならなかった。

 

自分で本を読める環境を手に入れてからは、いつだって大好きな魔女にも悪魔にもバンパネラにも会えた。

私が生きたかもしれない別の人生や別の場所にも飛んで行けた。

実在し、同じように引き裂かれながら戦い生きた人たちに思いを馳せることもできた。

初めて手に入れた自分だけの本棚が、ちょっとずつだけど好きな本だけで埋まっていくのが今すごく嬉しい。

 

本棚はポータルだ。

決して誰かに閉め出されることも、閉じ込められることもなく常にどんな世界へも開かれた入り口だ。

 

ありふれた子供が大人になると

「子供の頃使えたはずの魔法を大人になってから失った」とよく言うけれど

私は子供の頃に使えなかった魔法を今、めちゃくちゃ発動しているところだと思う。

そしてその魔法を、ずっとこのまま失わずに年を重ねることができると思う。

 

どれだけ努力してもはみ出してしまう、引き裂かれながら生きるものはうまく俗世には馴染めない。

魔法を持ち続けながら生きるには、決して無理には馴染もうとしてはいけない。

いつでも開く私だけのポータルをくぐって、もう一つの世界で、ひそやかに健やかに息をしていく。

f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200727211407j:image

 

昨日パートナーが私に

「あなたの本棚に一番必要だった本(完成したばかりの自作のZINEのこと)がやっとおさまったね。」と言ってた。真理〜!

 

ZINE完成!

作ろうと決めてから4年もかかっちゃったけど、詩とエッセイをまとめたZINEが完成しました。

f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200726073112j:image

セルフヘルプ解毒と価値観のアプデが必要な人に届いたら嬉しいですが、ZINEを作ることで自分自身を癒せた気がします。

f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200726073136j:image
f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200726073133j:image
f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200726073139j:image

古い価値観のアプデを怠り、人を人と思わない蔑んだ眼差ししか持たず、何も見えてない見ようとしないで

「女の子は頭空っぽでいい」とか「東京の女の子たちどうした」とか「産まないのが悪い」とかほざいた人たちのことを、私は1ミリも忘れてないのでZINEにいれた詩の中でもモチーフにしてます。

f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200726073143j:image
f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200726073146j:image
f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200726073150j:image

 

f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200726073154j:image

 

 

死神と呼ばれて

セルフポートレート新作は「死神」をテーマにしました。

10歳で4度目の転校をした私は、転入先の学校で転校初日に「死神」というあだ名をつけられた。

死神と呼ばれていた実体験をモチーフに制作しました。

私は13日生まれなんですが、偶然にもタロットカードで13は死のカード。死神が描かれています。

死神は古い価値観の表れ、古い価値観を葬るという意味を持っている。

古い価値観や、クソみたいな同調圧力を葬る者たちの一人としてなら、死神と呼ばれても構わない。

 

f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200725223939j:image
f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200725223928j:image
f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200725223935j:image
f:id:RIKAGALENTINEROSE:20200725223932j:image

 

衣装は古着をリメイクしたもの。骨に見立てたものは元々ギャザーたっぷりで素敵だったけど私には絶対入らないSサイズのドレス。マントも入らないけど色味が気に入ったスカートでした。

仮面はエメラルド色。

毒や悪魔、怪物を想起する色でもありますが、エメラルドの石が持つ意味は解毒。